鴨川市太海の「越年(おとし)」イベント

2017年1月16日

鴨川市太海「越年(おとし)」
鴨川市太海の「越年(おとし)」は、鴨川市太海地区で100年以上前から続く歴史ある伝統行事で、毎年2月3日の節分の日に太海海岸で行われます。
太海・太海浜地域で6地区にわかれ、青竹やカヤで組んだ“やぐら”に火をつけて、無病息災や家内安全、豊作・大漁などを祈願する伝統行事です。

13時ころからやぐらを組みはじめ
鴨川市太海「越年(おとし)」
高さ約6メートルの “やぐら”が6基設置されます。
鴨川市太海「越年(おとし)」
18時ころ着火され、空高く炎を舞い上げ、青竹のはじけるパンパンという音とともに、火の粉を散らしながら、燃え盛ります。
鴨川市太海「越年(おとし)」

平成29年2月3日撮影「越年(おとし)タイムラプスムービー」

太海海岸MAP

関連記事

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加